トップページ > 技術支援のご案内 > 人材育成 > 「第1回 軽量化技術研究会」を開催しました

「第1回 軽量化技術研究会」を開催しました

中原講師による講演の様子
中原講師による講演の様子
 
 当センターでは、今年度から「軽量化技術研究会」を立ち上げ、「次世代自動車」などの部品の各種製造技術に関する情報提供や県内企業の皆様との情報交換を行っていきます。

 第1回目の研究会では、(公財)鳥取県産業振興機構の中原 正季 氏を講師に迎え、自動車の軽量化技術についてのご講演をいただきました。

 今後も、同様の研究会や講習会を開催していきますので、是非、ご参加ください。


【第1回 技術研究会の概要】

◆日 時:令和元年7月9日(火) 13時30分~16時

◆場 所:(地独)鳥取県産業技術センター機械素材研究所

◆講 演:
「自動車の軽量化について」
 <講 師>(公財)鳥取県産業振興機構 西部センター
      マネージャー(自動車担当) 中原 正季 氏
 <内 容>○自動車の軽量化ニーズ(燃費公称値、操縦安定性、乗り心地)
      ○軽量化の手法(余肉カット、材料の高強度化、アルミなどへの置換)
      ○自動車の軽量化実例(Alボディ、Mgケース、CFRPフード)
      ○今後の軽量化技術(異種金属接合、モータの効率化・高性能化)

◆産業技術センターからの話題提供
「センターの材料評価支援事例の紹介」
 <内 容>○材料強度試験、硬さ試験、摩擦摩耗試験、化学分析、組織分析
      ○金型材料の破壊試験の実施例

◆所内見学
 <内 容>○材料評価関連等の設備紹介
      ○金型材料の引張試験のデモンストレーション

◆参加者との意見交換



このページのトップへ