トップページ > 技術支援のご案内 > 機器利用 > 各試験研究機器 紹介 > 機械素材研究所 > 分析関連機器 > 酸素窒素水素分析装置

酸素窒素水素分析装置

概要
金属やセラミックス、CFRP等素材中の酸素、窒素、水素の含有量を広範囲に高精度で定量分析する装置です。
各種材料のJIS規格等への適合確認をはじめ、品質管理や生産技術の高度化、製品開発をサポートします。
主な仕様
◆メーカー LECOジャパン(同)
◆型 式 ONH836
◆検出方法 酸素、水素 非拡散赤外吸収法
窒素 熱伝導度法
◆試料重量 1g程度
◆分析範囲 酸素 0.05ppm~5.0%
窒素 0.05ppm~3.0%
水素 0.1ppm~0.25%
◆検出感度 0.001ppm(酸素、窒素、水素)
◆分析時間 酸素
85秒   
窒素 100秒
水素
90秒
こんなことができます
鉄鋼製品の強度低下や金属メッキ膜の不良原因となる水素含有量の評価
燃料電池、2次電池、各種センサーの電極や触媒等の評価
工具等に用いられる各種硬質皮膜やファインセラミックス材料中の窒素・酸素の定量分析
機器の利用について
◆連絡先 機械素材研究所 無機材料科
TEL 0859-37-1811
FAX 0859-37-1823
◆機器使用料 600円/時間
※本装置については県外割増料金はありません
経済産業省平成24年度補正事業「地域新産業創出基盤強化事業(中国地域)」



このページのトップへ