トップページ > 技術支援のご案内 > 機器利用 > 各試験研究機器 紹介 > 食品開発研究所 > 分析関連機器 > 超臨界流体クロマトグラフ

超臨界流体クロマトグラフ

概要
超臨界二酸化炭素を移動相として超臨界流体に可用性の成分の抽出、分離分析、精製、分取ができます。超臨界抽出法は、天然物からの各種フレーバや色素、薬効成分の抽出、コーヒーの脱カフェイン、DHAやEPAなど魚油成分の濃縮精製などで実用化されています。
主な仕様
◆メーカー 日本分光(株)
◆型 式 SFC/E-2000TT
◆送液部 液化二酸化炭素用
 ~10mL/min
溶液用
 ~5mL/min
◆抽出部 高圧容器50mL
◆クロマト部 オートインジェクタ
カラムオーブン
圧力調整弁
◆検出器 PDA
◆回収部 フラクションコレクター
◆制御・解析 データステーション
こんなことができます
カロテノイド系色素等の脂溶性成分の分離分析
有機溶媒を使用しないで魚油からのEPAやDHAの抽出・濃縮
機器の利用について
◆連絡先 食品開発研究所 アグリ食品科
TEL 0859-44-6121
FAX 0859-44-0397
◆機器使用料 600円/時間
終日利用
※本装置については県外割増料金はありません
経済産業省平成25年度補正予算事業「地域オープンイノベーション促進事業(中国地域)



このページのトップへ