トップページ > 新着情報 > 株式会社大晃工業様及び県内企業4社様から感謝状と寄付金をいただきました。

株式会社大晃工業様及び県内企業4社様から感謝状と寄付金をいただきました。

    
 鳥取県産業技術センター(センター)は、平成28年5月20日に株式会社大晃工業様及び株式会社ケイケイ様、株式会社トミサワ様、鳥取大西コルク株式会社様、日本セーフティーロード株式会社様から、視線誘導灯の開発支援により感謝状と寄付金を頂きました。
 株式会社大晃工業様は、センターとの共同研究により、無線通信を用いたLED同期点滅や破損時の飛散防止策を取り入れた新方式による視線誘導灯の開発を行い、センターと共同で特許出願を行いました。この技術は、有用な新技術として鳥取県新技術および国土交通省NETIS(新技術情報提供システム)に登録されました。
 この間、センターの支援(視線誘導灯のLED回路設計、視線誘導灯本体の強度や素材耐久性の評価等)を受けながら、県内企業3社と共同して試作開発を進め、この度、日本セーフティーロード株式会社様を設立し、販売することとなりました。

感謝状贈呈企業御芳名
株式会社大晃工業(製造元)
 所在地:鳥取市徳尾178番地4
 TEL:0857-22-0777
株式会社ケイケイ(部品成形加工)
 所在地:八頭郡八頭町郡家199-1
 TEL:0858-72-1122
株式会社トミサワ(LED部分開発)
 所在地:八頭郡智頭町南方1186
 TEL:0858-75-0625
鳥取大西コルク株式会社(本体成形加工)
 所在地:八頭郡八頭町隼郡家236
 TEL:0858-72-2803
日本セーフティーロード株式会社(販売元)
 所在地:鳥取市徳尾518番地 
 TEL:0857-30-4480

用語解説  視線誘導灯とは、道路の中央分離帯に立てるセンターポール(商品名:ポストデリニェータ-)のこと。この度開発した製品は、ドライバーに対する視認性や強度を向上させたものです。
開発品 試験設置(昼) 試験設置(夜)


このページのトップへ