トップページ > 技術支援のご案内 > 機器利用 > 各試験研究機器 紹介 > 電子・有機素材研究所 > 波動計測機器・設備 > 音響環境測定装置

音響環境測定装置

概要
 家電製品・産業用機器等の騒音および振動測定

◆電気製品など対象物が直接出すの測定
◆材料の音に対する遮断・吸収特性の測定

◆製品の構造体に生じる振動・衝撃の測定
◆音響および振動にかかる信号処理解析

 多点同時測定が可能
◆最大10ポイント同時測定に対応しています
 超音波マイクでの測定が可能(2ch)
◆ブリュエル・ケアー社のファルコンレンジ超音波コンデンサマイクでの100kHz級での測定が可能となっています。
 簡易的騒音測定には、別途ハンディ騒音計を用意しております
◆リオン社ハンディ騒音計(NL-16)を使えば、一般に広く普及している、デシベル測定を手軽に行うこともできます
◆現場での騒音測定にも適しています
主な仕様

※50Hz電源、200V電源、3相電源等電灯線以外の電源は設置しておりません

測定周波数 (可聴域) 3.15~20kHz
(超音波域) 4~100kHz
(振動領域) 1~25kHz
測定ソフトウエア
  垂直入射吸音率測定ソフト JIS A 1405 同等
  音響パワーレベル特定ソフト JIS Z 8732 同等
  材料吸音率 JIS A 1409 対応
  透過損失 JIS A 1416 対応
  音圧レベル差 JIS A 1417 対応
  床衝撃音 JIS A 1418 対応
機器の利用について
◆連絡先 電子・有機素材研究所 電子システム科
TEL 0857-38-6200
FAX 0857-38-6210
◆機器使用料 1,200円/時間



このページのトップへ