トップページ > 新着情報 > 令和元年度 第1回鳥取県伝統和紙高度利用研究会(中級編)報告

令和元年度 第1回鳥取県伝統和紙高度利用研究会(中級編)報告

令和元年度 第1回鳥取県伝統和紙高度利用研究会(中級編)報告


1.セミナー概要
(1)日  時:令和元年7月12日(金)   午後2時30分~午後5時15分
(2)場  所:電子・有機素材研究所 3階  大会議室
(3)内  容:講習⇒実習⇒全体講評・意見交換
【講習会】
タイトル 『インクジェットプリント和紙の魅力』   
講師: キヤノン株式会社 プリンティングディレクター  吉原 功
<概要>
講習 (20分) インクジェットプリント和紙の魅力について
・和紙の特徴を活かした印刷を行うためには、どのポイントに注目したら良いか知る
・和紙を使用する写真家の作品の実例紹介(どのようなモチーフが和紙に合うか)
実習 (90分) 各製造所持参印刷用和紙のプリント実習 
・各メーカーが持ち寄った和紙にキヤノンセレクトの写真を印刷し自社和紙の特徴を探索
講評 (20分) プリント結果について意見交換
・各社が感じた自社和紙の特徴をコメントして最後に吉原氏から好評を得る。
(4)参加者 総数25名(センター職員を除く)
企業19社(製紙メーカー15社、紙販売業4社)

2.アンケート集計結果
(1)アンケート回収数 24人/25人(回収率96%)
(2)アンケート結果の詳細
 Q7)今回の「令和元年 第1回 鳥取県伝統和紙高度利用研究会」の満足度について
 大変満足  9人(38%)
 満足   15人(62%)
 【主な意見】(不満足な意見は無し)
   ・印刷適性の内容を続けて実施して欲しい。
   ・今後も実習形式の内容を実施して欲しい。
3 令和元年度 第2回鳥取県伝統和紙高度利用研究会(中級編)12月20日(金)を予定
 詳細は11月初旬頃ご案内します。


このページのトップへ