トップページ > 新着情報 > 電子顕微鏡実践セミナー~EDSとEBSD法による同時分析~を開催しました。

電子顕微鏡実践セミナー~EDSとEBSD法による同時分析~を開催しました。

実機を用いたEDS/EBSD同時分析のデモンストレーションの様子
実機を用いたEDS/EBSD同時分析のデモンストレーションの様子
当センターでは、鳥取県で活躍する産業人材育成の一環として「分析技術能力強化事業」を今年度より立ち上げ、県内の電気・電子関係、機械・金属関係の技術者に対する分析技術の向上を図るための各種分析機器を用いた講習会を行っています。

令和元年度 分析技術能力強化事業 第1回セミナーとして、7月22日(月)、講師に株式会社TSLソリューションズ 吹野 達也 氏を迎え、『電子顕微鏡実践セミナー~EDSとEBSD法による同時分析~』を開催しました。


【講習内容詳細】 

<講師> 株式会社TSLソリューションズ 吹野 達也 氏

<講演タイトル> EBSD法の基礎とEDS/EBSD同時分析

電界放出型走査電子顕微鏡に付属するエネルギー分散型X線分析器(Energy Dispersive X-ray Spectrometry;EDS)による元素分析と、電子線後方散乱回折(Electron BackScattering Diffraction;EBSD)法による結晶方位解析を同時に行う〔EDS/EBSD同時分析技術〕について、基礎と活用事例をご講演いただき、実機を用いたデモンストレーションを行いました。


分析技術能力強化事業では、今後も製品不良や異物の原因特定に使用する分析機器について、
実習を交えた講習会(初級~上級向け)を実施予定です。
・赤外線分析装置実践セミナー(中級)
・波長分散型蛍光X線分析装置入門セミナー(初級)
・微小異物前処理装置実践セミナー(上級)

各種講習会は、詳細が決まり次第ホームページ等でお知らせします。
人材育成 令和元年度スケジュール [pdf:978KB]


このページのトップへ