トップページ > メールマガジン > とっとり技術ニュース (速報版)    2017年4月27日【第76号】

とっとり技術ニュース (速報版)    2017年4月27日【第76号】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
とっとり技術ニュース (速報版)    2017年4月27日【第76号】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【センターからのお知らせ】「食品の衛生管理技術向上ワークショップ研修」の開催について

 これからHACCPシステムの構築を目指されている食品製造事業者等の皆様向けに、
「前提条件プログラム(一般的衛生管理)」及び「HACCPシステム」を構築する
ことができるワークショップ形式の人材育成研修を下記のとおり企画致しましたので、
ご案内致します。
  この機会に、是非とも貴社のHACCPシステム構築に挑戦頂けたらと存じます。
多数のご参加をお待ちしております。

              記

1 対 象 者  HACCP前提条件プログラム(一般的衛生管理)とHACCPシステム構築に、
        これから取り組もうとしている県内食品製造事業者等の衛生管理担当者、
        HACCPリーダー、リーダー候補者、工場責任者等で、7日間の出席が可能な方。

2 定 員 10社、20名程度
(各社2名参加を基本とし、1名でも参加可。3名以上の参加を希望する場合は要相談)

3 日 時 平成29年5月12日 (金) 、5月19日(金)、6月 1日(木)、6月23日(金)
           7月 7日(金)、7月14日(金)、 7月21日(金) の7日間
                               午後1時30分から午後4時30分

4 場 所
    倉吉未来中心 セミナールーム7
(倉吉市駄経寺町212-5 電話 0858-23-5390)

5 内 容 (7回研修)
① 前提条件プログラムとは【座学】
  HACCPシステムを構築するために必要な前提条件プログラム(一般的衛生管理)
    のキーポイントを学びます。
② 前提条件プログラム(一般的衛生管理)の作成【座学・ワークショップ】
  前提条件プログラム(一般的衛生管理)に必要な手順書を作成します。
③ HACCPプランとは【座学・ワークショップ】
 危害要因分析・製品説明書・HACCPプランの作成を学びます。

6 参 加 費 無 料

7 講 師 ミカミ食の安全商談所 所長 三上 一治 氏
(経営革新アドバイザー〔鳥取県産業振興機構〕、鳥取県HACCP推進専門員)

8 申 込 下記ホームページを参照してください。
https://www.tiit.or.jp/index.php?view=6027

【 お 問 い 合 わせ・申込先】
地方独立行政法人鳥取県産業技術センター 食品開発研究所
〒684-0041 境港市中野町2032-3
電 話 : 0859-44-6121
F A X : 0859-44-0397
食の安全・安心プロジェクト推進事業担当 食の安全安心専門員 青木公平、松尾 哲
メ ー ル : aoki-ko@pref.tottori.lg.jp (青木)
     matsuo-te@pref.tottori.lg.jp(松尾)

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
このメールマガジンへのご意見・お問い合わせは、
下記メール宛にお願いします。
→ tsgckikaku@pref.tottori.jp

地方独立行政法人鳥取県産業技術センター
〒689-1112 鳥取市若葉台南7-1-1
T E L : 0857-38-6205
F A X : 0857-38-6210
ホームページ: http://www.tiit.or.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



このページのトップへ