トップページ > 技術支援のご案内 > 研究開発 > 研究テーマ(H29)

研究テーマ(H29)

a. 環境・エネルギーに関する分野

 環境負荷の低減に繋がる次世代電池に関わる部材の開発やバイオマス資源等を活用した機能性材料等に関する研究及び再生可能エネルギー・リサイクル分野の未利用資源の活用を図る研究等、環境・エネルギーに関する分野の高度化を目指した研究開発を行う。

【継続】 吸着材への応用を目指した大小分岐孔構造をもつ造粒体製造方法の開発
(H28~29年度)


b. 次世代デバイスに関する分野(医療機器、ウェアラブルデバイス等を含む)

 ネットワーク技術等を応用した医療・介護機器分野の研究開発及び生産技術の高度化を図る研究等、次世代デバイスに関する分野の高度化を目指した研究開発を行う。

【継続】 遠隔操作性を向上させた低コスト害獣捕獲システムの開発
(H28~29年度)
【継続】 3次元造形品を利用した高精度高機能部品の開発 (H28~29年度)
【継続】 離床センサ用人体検知技術及び姿勢検知技術の開発 (H27~29年度)

c. バイオ・食品関連産業に関する分野(創薬等を含む)

 未利用資源・地域資源に含まれる機能性成分の探索や解析、機能性食品・素材の開発及び付加価値を向上させる研究等、バイオ・食品関連産業に関する分野の高度化を目指した研究開発を行う。

【継続】 上品な香りで優れた発酵力を持つ純米酒製造に適した新規酵母の開発
(H28~30年度)
【新規】 食品機能性評価への三次元培養法の応用技術の開発 (H29~30年度)

d.農林水産資源関連ビジネスに関する分野(農商工連携や6次産業化、美容健康等を含む)

 県内で生産される特徴ある農・林・畜・水産地域資源の高付加価値化を目指した食品開発、素材の機能性や高品質化に関する研究等、農林水産資源関連ビジネスに関する分野の高度化を目指した研究開発を行う。

【継続】 ナシ特有の食感を維持した冷凍技術の開発 (H28~29年度)
【継続】 地域水産資源(サワラ)を活用した高付加価値ダシの開発と応用
(H27~29年度)
【新規】 特徴ある加工品開発を可能とする果実等の原料処理技術の開発
(H29~30年度)

e. 基盤的産業の強化に関する分野(新素材・高度部材の生産技術、地域ブランド化等を含む)

 県内の重要な電機・電子、機械・金属、紙・塗料、プラスチック・ゴム、食品等の基盤産業の高度化、グローバル化に向けた研究開発や地域資源を活用し付加価値を向上させる研究等、基盤的産業の強化に関する分野の高度化を目指した研究開発を行う。

【継続】 スケールアップおよびコスト低減を目指した天然精油を用いた
抗菌性梨袋の改良 (H28~29年度)
【継続】 炭化バナジウム膜の切削工具への適用技術の確立 (H27~29年度)
【新規】 有機系素材の屋外用途に向けた水系を主とする防汚剤の開発
(H29~31年度)
【新規】 可視光透過性を持った有機ナノファイバー・無機紛体複合組成物
からなる低熱伝導な遮熱材料の開発 (H29~30年度)
【新規】 超軽量・衝撃吸収特性に優れたマグネシウム傾斜ポーラス材料の開発
(H29~30年度)


このページのトップへ