トップページ > メールマガジン > とっとり技術ニュース (速報版)    2016年10月27日【第63号】

とっとり技術ニュース (速報版)    2016年10月27日【第63号】

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
とっとり技術ニュース (速報版)    2016年10月27日【第63号】
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞

【ご案内】『グリーン・イノベーション研究成果企業化促進フォーラム』開催
     のご案内

 関西広域連合では、今後の市場拡大・関連ビジネスの展開が期待される
「燃料電池・水素関連」分野をメインテーマにフォーラムを下記のとおり
開催します。
 実用化を目指す最新の研究成果を紹介し、参加者とのマッチングを目指すと
ともに、研究機関や企業支援機関との意見交換、情報収集の場も設けております。
水素関連産業をはじめグリーン分野への新規参入や、自社技術の新たな展開、
技術課題の解決のため産学連携をお考えの皆様、産学連携を促進されている皆様の
ご参加をお待ちしています。 

                 記

○日  時  平成28年12月22日(木) 13:00~18:00

○場  所  ナレッジキャピタル コングレコンベンションセンター・ルーム
      1~3(大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪 北館 B2F)

○定  員  250名

○参加費  無料

○内  容  

 1 特別講演(13:05~14:35)
  ① 「燃料電池・水素エネルギ-の現状と将来展望」
       九州大学 水素エネルギー国際研究センター
         センター長・主幹教授 佐々木 一成 氏 

  ② 「山梨大学における『水素社会』を目指した燃料電池用材料研究と
     産業化の取り組み」
       山梨大学 燃料電池ナノ材料研究センター
         センター長・教授 飯山 明裕 氏

 2 グリーン・イノベーション研究成果発表(14:40~17:20)
  ① 「滋賀を拠点とした水素イノベーション事業化クラスター」
     立命館大学 理工学部 特別招聘教授 堀 美知郎 氏

  ② 「ナノスケールシリカ層での被覆を利用した固体高分子形燃料電池用
     Ptカソード触媒の高耐久性化」
       同志社大学 理工学部 教授 竹中 壮 氏

  ③ 「繊維強化複合材料を用いた水素貯蔵タンク事業化に向けての技術開発」
       大阪大学大学院 工学研究科
         ビジネスエンジニアリング専攻 准教授  倉敷 哲生 氏

  ④ 「固体高分子形燃料電池要素材料・水素貯蔵材料の知的設計」
       独立行政法人国立高等専門学校機構
         明石工業高等専門学校 校長  笠井 秀明 氏

  ⑤ 「貴金属使用量を大幅削減した水素製造パラジウム膜型反応器の開発」
       徳島大学大学院 理工学研究部 准教授 加藤 雅裕 氏

  ⑥ 「バイオ燃料電池に適した触媒微生物の開発」
       大阪市立大学大学院 工学研究科 教授 東 雅之 氏

  ⑦ 「光触媒を用いた水分解によるソーラー水素生成反応に関する研究」
       大阪府立大学大学院 工学研究科 教授 松岡 雅也 氏

  ⑧ 「神戸大学における水素関連分野への取り組み」
       神戸大学 先端融合研究環 副研究環長 武田 実 氏

 3 ポスターセッション(13:00~17:20)

 4 個別相談(特別講演者との個別の相談)(14:40~17:20)

 5 交流会(17:20~18:00)

○参加申込
 下記URLの申込書へ必要事項をご記載の上、電子メールにて申込ください。
 申込締切は平成28年12月9日(金)です。ただし、定員になり次第締め切りに
 なることがあります。
   URL:http://www.kouiki-kansai.jp/contents.php?id=2020
   メール:sangyoinfo@kouiki-kansai.jp

∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞
このメールマガジンへのご意見・お問い合わせは、
下記メール宛にお願いします。
→ tsgckikaku@pref.tottori.jp

地方独立行政法人鳥取県産業技術センター
〒689-1112 鳥取市若葉台南7-1-1
T E L : 0857-38-6205
F A X : 0857-38-6210
ホームページ: http://www.tiit.or.jp/
∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞∞



このページのトップへ