トップページ > 技術支援のご案内 > 機器利用 > 各試験研究機器 紹介 > 電子・有機素材研究所 > 環境試験機器 > 耐候促進試験機(キセノンテスター)(2)

耐候促進試験機(キセノンテスター)(2)

概要
太陽光に近似した分光エネルギー分布を有したランプを用いることで、屋外暴露と高い相関性がある試験を短期的に行うことができます。
ISO、JISやアメリカ材料試験協会(ASTM)の規格において標準的な耐候性試験機となっています。
結露や降雨の再現も可能で、プラスチック、塗膜片、ゴム材料等への耐候性試験を行う装置です。
主な仕様
メーカー スガ試験機(株)
型 式 スーパーキセノンウェザーメーター SX75
光源部 水冷式7.5kWキセノンランプ
光照射時放射照度制御範囲 測定波長300nm~400nmにおいて、48W/m2~200W/mで制御可能
試験項目 照射
照射+表面スプレ(降雨)
暗黒
暗黒+裏面スプレ(結露)
暗黒+表面・裏面スプレ
上記①~⑤の組合せ可能
1分~99時間59分で設定可能
ブラックパネル温度制御 50~95℃の範囲で設定可能
湿度制御 30~80%RHの範囲で設定が可能
データ記録 試験槽温度、ブラックパネル温度、放射照度、試験項目、試験時間等
回転数 毎分1回転及び2回転の選択が可能
設置可能試料サイズ 縦150mm、横70mm、厚さ1mm~厚さ10mm
取付け枚数 54枚(ブラックパネル温度計を含むと52枚)
こんなことができます
太陽光に近いエネルギー分布を持った光を照射することにより、屋外暴露と高い相関性がある試験を短期間に行うことが可能です。
結露、降雨、暗黒など擬似的に自然環境を再現することが可能です。
機器の利用について
◆連絡先 電子・有機素材研究所 有機材料科
TEL 0857-38-6200
FAX 0857-38-6210
◆機器使用料 1600円/時間
(除キセノンランプ料)
1700円/時間
(含キセノンランプ料)
終日利用



このページのトップへ