トップページ > 技術支援のご案内 > 機器利用 > 各試験研究機器 紹介 > 機械素材研究所 > 材料/環境関連機器 > 塩乾湿複合繰返し試験機

塩乾湿複合繰返し試験機

概要
 金属材料の耐食性評価に
◆金属材料等の耐食性を評価するため、塩水噴霧や所定の温度・湿度を設定できる装置です。
◆塩水噴霧・乾燥・湿潤・外気導入(自然乾燥)のサイクル試験ができます。
◆自然環境にシミュレートした試験として、自動車部品をはじめ金属材料・表面処理分野の評価に適しています。
 
主な仕様
◆機器名 スガ試験機(株) ISO-3-CYR
◆噴霧装置の方式 噴霧塔方式
◆槽内寸法 900mmWx600mmDx500mmH
◆試料取付枚数 48枚
(試料寸法が150mm×70mmの場合)     
◆塩水噴霧条件 温度:35~50℃
◆熱風乾燥条件 温度:(外気温度+10℃)~70℃
◆湿潤条件 温度:(外気温度+10℃)~50℃、
湿度:60~95%RH(50℃において)
◆外気導入条件 温度:外気温度程度
◆データ 専用プリンタによる 乾球温度、
湿球温度のチャート
機器の利用について
◆連絡先 機械素材研究所 無機材料科
TEL 0859-37-1811
FAX 0859-37-1823
◆機器使用料 400円/時間



このページのトップへ