トップページ > 技術支援のご案内 > 機器利用 > 各試験研究機器 紹介 > 電子・有機素材研究所 > デザイン・木工関連機器 > 表面加飾作製装置

表面加飾作製装置

概要

◆レーザによって木材、プラスチック等を任意の形状に彫刻加工や切断加工できます。

主な仕様
・機器名 (株)バイナス LC-S1000Ⅲ
・レーザー発振管 封じ切り炭酸ガスレーザー
・レーザー出力  100Wレーザー1基
・加工エリア 860×610×177mm
・最大速度 2032mm/sec
・制御方式 コンピュータデータ入力
・加工モード ベクターモード及びラスターモード
・加工データ形式 AI、DXF、BMP、JPG(Windows)
こんなことができます
100Wの炭酸ガスレーザーにより、アクリルや木材ならば15mm厚までの切断が可能です。また、写真などの画像も焼き込むことができます。
いずれの加工も、市販のパソコン用ソフトウェアで作成されたデータを利用して制御を行うため、製品表面への加飾を容易に行うことが可能です。
機器の利用について
◆連絡先 電子・有機素材研究所 産業デザイン科
TEL 0857-38-6208
FAX 0857-38-6210
◆機器使用料 800円/時間



このページのトップへ