トップページ > 技術支援のご案内 > 機器利用 > 各試験研究機器 紹介 > 電子・有機素材研究所 > 波動計測機器・設備 > 音響環境試験室〈残響室〉

音響環境試験室〈残響室〉

概要
 吸音効果を評価するために必要な拡散音を作る部屋です
◆壁面はコンクリート打ち放しです
◆すべての面が不規則な方向を向いています
(対向面を無くし、十分に音を拡散させるためです)
◆音源室としての残響室が隣接しており、残響室-残響室法および、残響室-無響室法の透過損失測定にも対応しています
 壁材および床材の評価が可能です

◆1800x900(mm)の壁材の透過損失、吸音率を評価することができます(隣接音源室との境界に設置します)
◆4000x2500(mm)の床材の吸音率を評価することができます(床置きになります)

主な仕様
◆室の大きさ(容量) 残響室 150m³
音源室 60m³
200~260V/三相
◆壁の材質 コンクリート 20cm厚
100dB以上(30M~1GHz)
◆対応試験体 1.8mx0.9m
0.5mx0.5m
2.5mx4.0m(床置きのみ)
◆遮音特性 45dB以上(500Hz時)
◆残響時間 JIS A 1409対応
◆音圧分布 JIS A 1409対応
◆透過損失 JIS A 1409対応
機器の利用について
◆連絡先 電子・有機素材研究所 電子システム科
TEL 0857-38-6200
FAX 0857-38-6210
◆機器使用料 2,100円/時間



このページのトップへ