トップページ > 組織等のご案内 > センター沿革

センター沿革

鳥取県工業試験場

大正12年   
4月

鳥取工業試験場設立

大正14年
11月

窯業部を設立

昭和 3年
3月

染織部を設置
(境港市)

昭和 5年
4月

鳥取県商工奨励館と改称、木工部を設置

昭和17年
4月

鳥取県木工指導所設立
(木工部独立分離)

昭和19年
7月

鳥取工業指導所と改称

昭和22年
11月

鳥取工業試験場と改称

昭和24年
9月

工芸図案部を設置

昭和28年
11月

鳥取大火で
焼失した本庁舎復旧完成

昭和31年
5月

鳥取県木工指導所を廃止
(木材工業部)

昭和32年
7月

染織部を境港分場とする

昭和44年
11月

境港分場本館改築

昭和45年
4月

米子分場(機械金属部門)を設置

昭和46年
3月

米子分場新庁舎完成
(米子市夜見町)

昭和53年
3月

本場新庁舎完成
(鳥取市秋里)
米子分場に鋳物溶接研究棟完成

昭和54年
10月

米子分場に熱処理研究棟完成

昭和62年
6月

応用電子科を設置

昭和63年
4月

機構改革、
一課四科一指導所制

平成 3年
3月

生産技術科に
先端技術開放試験室を設置
 
鳥取県食品加工研究所

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昭和23年
5月

農産加工所として
米子市旗ヶ崎に設立

昭和38年
5月

食品加工研究所と改称

昭和41年
4月

境港市渡町に新築移転

昭和47年
11月

農林部から商工労働部へ所管換

昭和53年
3月

境港市中野町に新築移転
工業試験場醸造関係事務所
一部移管
   

 

 

 

 
統合

鳥取県産業技術センター

平成11年
12月

センター鳥取新庁舎完成
(鳥取市若葉台南)

平成12年
4月

センター鳥取新庁舎開所

平成15年
4月

機械素材研究所、食品開発研究所を設置

平成16年
4月

鳥取県商工労働部産業技術センターに改称
機械素材研究所移転
産業創出支援館開所
(米子市日下)

平成19年
3月

高機能開発支援棟 開所
(食品開発研究所)
地方独立行政法人

地方独立行政法人鳥取県産業技術センター(平成19年4月設立)


平成19年4月 地方独立行政法人鳥取県産業技術センターとして発足
        鳥取施設に企画管理部と電子・有機素材研究所を設置
 〃 19年9月 企画管理部企画担当を企画管理部企画室に改組
 〃 20年4月 企画管理部総務担当を企画管理部総務室に改組
 〃 22年4月 食品開発研究所酒づくり科を発酵生産科に改組
 〃 23年4月 発酵生産科を電子・有機素材研究所に移管
 〃 24年4月 企画管理部を企画総務部に名称変更
 〃 24年4月 生産システム科を機械技術科と計測制御科に改組
 〃 25年4月 食品開発研究所の食品技術科、応用生物科の2科を
          食品加工科、アグリ食品科、バイオ技術科の3科に改組
 〃 27年2月 商品開発支援棟 開所(食品開発研究所)
 〃 27年4月 企画総務部を総務部と企画・連携推進部に改組
 〃 27年7月 応用電子科を電子システム科、機械技術科を機械システム科
          食品加工科を食品開発科に名称変更



このページのトップへ